山陰ズワイガニ漁:漁期中
現在は蟹漁期中です。11月6日に解禁した山陰ズワイガニ漁は3月20日頃まで行われます。蟹漁の終了まで、あと91日23時間です。セコガニ(ズワイガニの雌)の漁は、12月31日までとなります。
31%

山陰のカニ漁解禁日!日本海側から発信する蟹情報

2018年(平成30年)11月6日の山陰ズワイガニ漁の解禁日(かに解禁日)まで一カ月を切っています。かに料理の宿では、例年通り、解禁日前とシーズン終了までをカウントダウンしながら、お勧めのカニ宿や、カニ通販(産地直送)情報を日本海/丹後半島から発信して参ります。このズワイガニ漁は翌年3月20日頃まで、天候が良ければ連日行われます。

今シーズンも北洋産ズワイガニ山陰産の松葉蟹(ズワイガニ)に頁を分けて、予算に応じて選べるようにしていますが、各施設が提供してる宿泊プランや日帰りプランに於いても、昨年と同じプラン名でも料金が値上げになったり、同料金でもお料理内容が変更になっているプランもありますので、ご予約の際は各プランの詳細ページの内容を今一度よくお読み下さい。

このページでは、地蟹(京都府、兵庫県産のズワイガニ)とズワイガニ(北海道やロシア/カナダ産など、山陰以外でとれた蟹)に区分けして紹介させて頂きます。ご予算に合わせて、今シーズン挑戦するプランをお選び下さい。但し、年末年始や12月上旬、2月上旬などの週末/土曜日は人気日ですので、満室になるのも早いことが予想されますので、ご検討/ご予約はお早めにどうぞ。


間人蟹の初競りの様子
(2018/11 京丹後市/間人港)
丹後ひもの屋の仕入れ
(2017/12 豊岡市/津居山港)

近い丹後半島

益々近くなった丹後半島

丹後半島へのアクセスは、宮津与謝道路が完成したことにより、京阪神から更に近くなっています。丹後に蟹を食べに行く環境も年々改善・短縮されています。

延長された高速道路により、京都市内からでも2時間弱でアクセスでき、日帰り旅行でもちょうどちょうど良い時間になりました。

近年は、日帰り昼食旅行での丹後カニツアーも増えていますので、是非、今冬シーズンに、丹後や越前のカニ料理の本場で足をお運び下さい。

日本海側から発信

日本海側から地元の蟹解禁情報を直接発信

かに料理の宿(日本海トラベル)の内容は、日本海側・山陰から発信しています。最近、大手旅行サイトで問題になりつつある「情報の質」「透明性」というものを第一に考えています。

施設側の情報発信が中心となりがち宿泊予約サービス業界において、第三者的な位置づけでその正確性を確かめながら、お客様に有益な情報を発信を行って参ります。またお客様には必ずインターネット(日本海トラベル)からの御予約をお願いしております。もしお電話による予約などで、万が一掲載施設とお客様の間で問題等が生じたような場合には、弊社にてお客様の情報も確認できない為です。

利用に関する注意

かに料理の宿の御利用について

かに料理の宿からの宿泊予約・お食事予約・問い合わせは、全てインターネット宿泊予約サイト「日本海トラベル」のページより行われます。掲載宿への予約やお問い合わせの際には、日本海トラベルのサイト規約などをよくお読み頂き、お目当てのかに宿への予約やお問い合わせを行って下さい。

掲載プランには日本海トラベル上からインターネット予約すると適応となる特典付きプランがございます。電話予約では適応外となる場合がございますのでご注意下さい。